結婚式 留袖のことなら

留袖レンタルについて

留袖,着物,和服,外出,おでかけ,着付


結婚式に留袖を着ていこうと決めた後は、購入かレンタルかの選択を迫られます。普段から着物を着る機会が多い人、着慣れている人であれば、後々のことを考えたら購入した方が活用できそうです。
しかし、結婚式くらいにしか着る機会がないのあれば、わざわざ買うのはかえって高くつくため、レンタルで十分といえるでしょう。
レンタルのメリットはやはり安いこと、保管場所に困らないなどがありますが、利用するたびに違った柄を留袖を着られることも人気の理由です。

最寄のレンタル衣装店に行って、実物を見て試着して決めるのが一番よいのでしょうが、必ずしも近くにそういったお店があるとは限りませんね。
最近は直接出向かなくとも、インターネットから申込みができるレンタル衣装店が増えているようです。
ためしに「留袖 レンタル」というキーワードで検索してみてください。数多くのレンタル衣装店のサイトを見つけることができます。

各ショップの留袖レンタルのページを見て、料金やレンタル商品についてまとめてみました。

留袖に限らず着物にもサイズがあり、身長により区分けされています。
心配な場合は実際のお店に足を運んだり、問い合わせなどをしたほうが良いでしょう。

<料金、サイズ、サービスなど>
最安値8,000円〜最高値は88,000円くらい。2〜30,000円が平均的です。
サイズはSサイズからLサイズ、さらにはふくよかな人向けのサイズなど、幅広く揃えています。また有名デザイナーによる留袖を用意している店もあります。
また来店の場合に限られますが、別料金で着付けやヘアセットのサービスを行なっている店もあるようです。

 

 

<留袖レンタルの一式内訳>
留袖など着物のレンタルは、着付けに必要な小物一式がセットされた状態でレンタルできるのが一般的です。代表的な留袖のレンタル内容一式をみてみましょう。

 

  • 着物

留袖。結婚式には祝いの席にふさわしい吉祥模様の着物を着用。

 

  • ・長襦袢(半襟付)

着物の下に着て着物の姿を整える下着。留袖の場合は必ず白を着用。

 

  • ・肌襦袢

上半身につける肌着。白いもの。

 

  • ・帯

結婚式などの礼装には金地や銀地の重厚感のある袋帯を使用。

 

  • ・帯揚げ

帯結びがくずれないよう、結び目が下がらないようにするための細長い布。結婚式の留袖には金、銀、白と言った礼装用の色を使用。

黒留袖について
結婚式などで新郎新婦の親族が着ることの多い留袖。黒留袖について。
色留袖について
結婚式などで新郎新婦の親族が着ることの多い留袖。活用シーンの多い色留袖について。
結婚式 留袖
結婚式などで新郎新婦の親族が着ることの多い留袖について
留袖レンタル
留袖のレンタルについての紹介ページ。
留袖レンタルの方法
留袖のレンタル方法について。注意点など。
呉服屋で借りる
呉服屋さんで留袖を借りる方法。
呉服屋で購入する
呉服屋さんで留袖を購入する場合のメリット、注意点など。
貸衣装屋でレンタル
貸衣装店で留袖をレンタルする場合。
インターネットで留袖レンタル
インターネットを利用して留袖をレンタルする場合。
留袖の着付け
留袖の着付について。着付の依頼など。
留袖のしまい方・たたみ方
留袖の保管方法について。
留袖を着ている時の注意点
結婚式などで新郎新婦の親族が着ることの多い留袖を着ている時の注意点。