結婚式 留袖のことなら

結婚式に留袖を着て参加するとき、着付けはどうすればよいのか?

留袖を着るときにもっとも気になるのが着付けでしょう。一昔前まで、着物は日本人の日常生活に根付いた衣服であり、わざわざ着付けの方法を学ばずとも、自然に身についたものでした。ところが生活様式が欧米化するにつれて着物は日常生活から遠い存在になっていき、「着物を着るのは手間がかかり、着付けが難しい」という意識が強くなってしまったのです。

着物に興味があって勉強したい、自分で着付けができるようになりたい、という意欲のある人ならば、着付け教室に通う方法もよいでしょう。実際、パーティ・結婚式・初詣などに着物を着てお出かけしたいからだとか、家族や親戚から着物を譲り受けたけので、それを機に着付けができるようになりたい、という理由で、着付け教室に通う人が多いようです。中にはインターネットで学べる着付け教室もあるとか。

しかし、留袖を着る機会は少ないので、レンタルで十分という人であれば、わざわざ習いにいくのも大変でしょう。
それに留袖は格式の高い着物であるため、衣紋の抜き加減や衿合わせ、着丈などに注意して、優雅に品よく仕上げる必要があります。
着物のプロに頼めば、正しく美しく着付けてもらえるので、自信のない方はぜひとも利用してみましょう。
着付けだけでなく、その留袖に似合ったヘア・メイクのサービスもあります。

さて、結婚式に留袖を着て参加する場合、着付けはどんなところで頼めばよいのでしょうか?
もし、近くの呉服屋さんや貸衣装屋さんで留袖をレンタルしたのであれば、別料金で着付けサービスを提供している場合があります。
申し込むときに着付けをしてもらえるかどうか、訊いてみるとよいでしょう。
もしそのお店では無理でも、提携しているサロンを紹介してもらえる可能性があります。
中には出張サービスを行なってくれるお店もあるので、例えば自宅で着付けをしてもらってからお出かけする、ということも可能です。

インターネットで検索するのもよいでしょう。日本全国の着付けができるお店を検索できるサイトもあるので、近くのお店を探すことも可能です。
また着物専門誌には、結婚式やパーティなど着物を着て、髪をきちんとセットアップしたいときに利用できるサロンの情報が載っています。

また結婚式場内にはほとんどの場合、着付けやヘアメイクができるサロンが併設されているので、会場となる式場に頼む方法もあります。


料金はお店や地域にもよりますが、4,000〜15,000円と幅があり、10,000円くらいが平均です。
また追加料金で早朝など時間外のサービスを行なってくれるお店もあります。
黒留袖について
結婚式などで新郎新婦の親族が着ることの多い留袖。黒留袖について。
色留袖について
結婚式などで新郎新婦の親族が着ることの多い留袖。活用シーンの多い色留袖について。
結婚式 留袖
結婚式などで新郎新婦の親族が着ることの多い留袖について
留袖レンタル
留袖のレンタルについての紹介ページ。
留袖レンタルの方法
留袖のレンタル方法について。注意点など。
呉服屋で借りる
呉服屋さんで留袖を借りる方法。
呉服屋で購入する
呉服屋さんで留袖を購入する場合のメリット、注意点など。
貸衣装屋でレンタル
貸衣装店で留袖をレンタルする場合。
インターネットで留袖レンタル
インターネットを利用して留袖をレンタルする場合。
留袖の着付け
留袖の着付について。着付の依頼など。
留袖のしまい方・たたみ方
留袖の保管方法について。
留袖を着ている時の注意点
結婚式などで新郎新婦の親族が着ることの多い留袖を着ている時の注意点。