結婚式 留袖のことなら

近所の貸衣装屋さんで留袖をレンタルしてみよう

結婚式やパーティなどハレの日に着物を着たいけれど、揃えたりお手入れの手間を考えると大変そう、と躊躇してしまいがち。
そんな人にぴったりなのがレンタル衣装です。

留袖をレンタルするのにもっとも一般的なのは、近所の貸衣装屋さんを利用する方法でしょう。
いろいろな衣装を試着しながら選べるので失敗がありません。
お店の人がアドバイスしてくれるので、自分にぴったりな留袖を選べるという利点もあります。
また、着付けやヘアメイクサービスも提供してたり、あるいは提携サロンを紹介してくれる場合もあるようです。


さて、結婚式に着る留袖は、黒留袖色留袖の2種類にわけることができます。

黒留袖は既婚者で、なおかつ新郎新婦の母親、仲人夫人、既婚の兄弟姉妹、主賓など、新郎新婦に関係が深い人に限られます。結婚式や披露宴の祝福の第一礼装で、黒地に白く染め抜いた五つ紋を施した格式高い衣装です。
色留袖は黒留袖と異なり、未婚の女性も着ることができる祝儀用の礼装です。柔らかく華やかな色調を用いているので、黒留袖や礼服が多い宴席に彩を添える役割も果たします。黒留袖ほど格式ばっていないので、結婚式のほか、パーティーや祝賀会などに着ていくことも可能です。

貸衣装屋レンタルの流れ

貸衣装屋さんで留袖をレンタルする際は、まず黒留袖色留袖のどちらを希望しているかをお店の人に伝えます。そうすると希望に沿った衣装を持ってきてくれるので、見て気に入った留袖を試着していきます。納得できるまで何着でも試着してみましょう。

お気に入りの留袖が見つかったら、希望日を伝えて予約を入れます。予約が成立すると契約書がもらえるので、内容に間違いがないかチェックします。このとき、内金としてレンタル料金の一部の支払いが必要な場合もあります。
衣装は利用日の2日前までに指定の場所に届けてくれますが、来店して受け取ることも可能です。内金を引いた残りのレンタル料金は、商品と引き換えに支払います。
レンタル期間は利用日を含めて通常2泊3日です。これより長い期間レンタルを希望するのであれば、予約の際に相談してみましょう。
そしていよいよ結婚式当日、留袖を着て出席します。
返却は翌日行ないます。基本的には自宅に回収に来てくれるようですが、希望であれば来店しての返却も可能です。もちろん送料は無料です。
ただし返却が遅れると延滞料金を請求されるので注意しましょう。
黒留袖について
結婚式などで新郎新婦の親族が着ることの多い留袖。黒留袖について。
色留袖について
結婚式などで新郎新婦の親族が着ることの多い留袖。活用シーンの多い色留袖について。
結婚式 留袖
結婚式などで新郎新婦の親族が着ることの多い留袖について
留袖レンタル
留袖のレンタルについての紹介ページ。
留袖レンタルの方法
留袖のレンタル方法について。注意点など。
呉服屋で借りる
呉服屋さんで留袖を借りる方法。
呉服屋で購入する
呉服屋さんで留袖を購入する場合のメリット、注意点など。
貸衣装屋でレンタル
貸衣装店で留袖をレンタルする場合。
インターネットで留袖レンタル
インターネットを利用して留袖をレンタルする場合。
留袖の着付け
留袖の着付について。着付の依頼など。
留袖のしまい方・たたみ方
留袖の保管方法について。
留袖を着ている時の注意点
結婚式などで新郎新婦の親族が着ることの多い留袖を着ている時の注意点。