結婚式 留袖のことなら

色留袖について

黒留袖と違い、未婚の女性でも着ることができるのが色留袖です。
また黒留袖ほど格式張っておらず、紋の数などが着用の用途によって変わります。
近年では披露宴でよく見かけるようになりました。
黒留袖に準ずるものとした礼装の扱い位となるようです。

色留袖は正装となるお祝い用の着物であり、親族や披露宴の主賓が着る留袖です。
着物の色は黒以外の地色を用います。色は年齢や好みによって異なりますが、クリーム色、ベージュ、藤色などの中間色を用いることが多いようです。
黒留袖と同じく、裾には吉祥模様、正倉院文様、平安王朝風文様が入りますが、四季の花模様などを用いることもあり、黒留袖と比べると格調高さよりも華やかさや優美さを表現する傾向があります。

色留袖の家紋も本来は五つ紋が基本なのですが、最近は三つ紋や一つ紋など準礼装にすることが多くなっているようです。紋の数が多いほど格式が上がりますが、一つでも三つでも紋が入っていれば、結婚式以外の茶会やパーティーなどに訪問着として利用することができるからです。


改まったパーティや茶会にも着用出来るので、着用場面も多彩なため、色留袖を購入する方が多いようです。


宮中では黒は喪の色とされているので、宮中行事では黒は避けられ、五つ紋付色留袖が正装になっています。
(海外では喪の色は紫とされているそうです)
黒留袖について
結婚式などで新郎新婦の親族が着ることの多い留袖。黒留袖について。
色留袖について
結婚式などで新郎新婦の親族が着ることの多い留袖。活用シーンの多い色留袖について。
結婚式 留袖
結婚式などで新郎新婦の親族が着ることの多い留袖について
留袖レンタル
留袖のレンタルについての紹介ページ。
留袖レンタルの方法
留袖のレンタル方法について。注意点など。
呉服屋で借りる
呉服屋さんで留袖を借りる方法。
呉服屋で購入する
呉服屋さんで留袖を購入する場合のメリット、注意点など。
貸衣装屋でレンタル
貸衣装店で留袖をレンタルする場合。
インターネットで留袖レンタル
インターネットを利用して留袖をレンタルする場合。
留袖の着付け
留袖の着付について。着付の依頼など。
留袖のしまい方・たたみ方
留袖の保管方法について。
留袖を着ている時の注意点
結婚式などで新郎新婦の親族が着ることの多い留袖を着ている時の注意点。