結婚式 留袖のことなら

留袖レンタルの申込み方法

 

留袖をレンタルするにはレンタル衣装のお店に直接出向いて申し込む方法と、インターネットや電話など通信でレンタルする方法があります。

 

直接お店に出向いて申し込む場合の利点は、納得できるまで試着をしてから決められることです。色やデザインが気に入っても、いざ着てみたら「思っていたのと違う」という場合もあるので、店員さんと相談しながら自分に合った留袖を選ぶことができます。また店によっては着付けやヘアサービスのサロンを紹介してくれる場合もあるので、必要な人にとっては重宝します。
ただし店の規模にもよりますが、「せっかく見に行ったけど自分に合う留袖がなかった」ということもありえます。日程的に余裕があれば別のレンタル衣装店をはしごできますが、もし結婚式が迫っている場合、ダブルブッキングのリスクや、わざわざお金をかけてあまり気に入らない留袖に妥協するというというもったいない状況になる可能性だってあります。

 

インターネットや電話での申込みであれば、全国のレンタル衣装店から選べるので、より幅広い商品の中から好みに合った留袖を選べるという利点があります。近くにレンタル衣装店があるとは限らないし、わざわざ店に行かなくても、家にいながらにして申込みができるのは大変便利です。
ところが試着せずに写真だけ見て申し込むので、届いた留袖を着てみたらイマイチだった!というリスクもあります。

 

来店による申込み、通信による申込み、それぞれに長所・短所がありますが、それらを考慮に入れた上で、自分のやりやすい方法でレンタルするのがよいでしょう。

 

レンタルの手続きについて見ていきましょう。来店でも通信でも基本的な流れは一緒です。

お気に入りの留袖が決まったら、希望の商品とサイズと数と利用日を伝えて予約を入れます。契約書を受け取った時点で予約完了。来店の場合、内金として料金の一部を支払います。

  1. 利用日の2日前くらいに指定の場所に送ってもらえます。来店での受け取りの場合は受け取りに行きます。

  2. 支払いは、商品と引き換えに、あるいはあらかじめ支払っておく場合などあります。

  3. いよいよ結婚式の当日、レンタル留袖を着ます。

  4. 衣装を返却します。返却方法は、宅配便で送る、店舗に返却に行く、回収サービスを利用する、などいろいろ。

万が一、留袖を汚してしまったりシミをつけてしまった場合でも、慌てて染み抜きや洗ったりするのは止めて、そのままの状態で返却しましょう。
黒留袖について
結婚式などで新郎新婦の親族が着ることの多い留袖。黒留袖について。
色留袖について
結婚式などで新郎新婦の親族が着ることの多い留袖。活用シーンの多い色留袖について。
結婚式 留袖
結婚式などで新郎新婦の親族が着ることの多い留袖について
留袖レンタル
留袖のレンタルについての紹介ページ。
留袖レンタルの方法
留袖のレンタル方法について。注意点など。
呉服屋で借りる
呉服屋さんで留袖を借りる方法。
呉服屋で購入する
呉服屋さんで留袖を購入する場合のメリット、注意点など。
貸衣装屋でレンタル
貸衣装店で留袖をレンタルする場合。
インターネットで留袖レンタル
インターネットを利用して留袖をレンタルする場合。
留袖の着付け
留袖の着付について。着付の依頼など。
留袖のしまい方・たたみ方
留袖の保管方法について。
留袖を着ている時の注意点
結婚式などで新郎新婦の親族が着ることの多い留袖を着ている時の注意点。