結婚式 留袖のことなら

結婚式で留袖を着るときに気をつけたいこと

結婚式や披露宴のようなフォーマルな場に留袖を着て参加するのならば、格のある着物で参加するのが望ましいです。
例えば鳳凰、菊、扇面、貝桶、などの吉祥模様や、雅な平安王朝風の継髪模様、重厚な正倉院風文様など、おめでたい模様が施された留袖や帯を選びたいものです。
黒の留袖は既婚者限定なので、必然的に年配の女性が着ることが多くなってしまいます。
ただし黒留袖を着て披露宴の席についてしまうと上半身しか見えないため、せっかく裾におめでたい模様があるのに見えなくなってしまい、少々淋しいですね。
色留袖は様々な色があるので宴席がぐっと華やかになります。
色留袖は黒留袖に比べると、多くの種類の文様があり、染色方法も幅があるため、年齢や好みに合わせてさまざまなデザインを選べます。

留袖を着ているときは、着物の雰囲気に合わせたバランスのよい上品なヘアスタイルを選びたいものです。
呉服屋さん、レンタル屋さんではヘア・メイクサービスを提供している場合があります。レンタルまたは購入ついでに一緒に申込みをしておくと便利ですね。
また結婚式の会場内(たいていはホテルですが)にある美容室を利用する方法もあります。ホテル内の美容室は場所柄、結婚式、成人式、謝恩会、卒業式などのパーティーで利用するお客さんが多いため、着物に合ったヘアを得意としているところが多いです。もちろん、着付けもやってもらえます。
ホテル内でなくとも着物の着付けとヘアメイクが得意な美容室はたくさんあるので、インターネットや情報誌などで探してみましょう。
黒留袖は親族や仲人など、お客様を迎える立場の人が着るので、ヘアスタイルも着物に合わせてオーソドックスで格調高いスタイルを選びます。挨拶をすることが多いので、毛先が乱れないようきれいに整えます。髪飾りはべっ甲、蒔絵、パールなど伝統的なものが似合います。
色留袖は黒留袖に比べると、応用範囲の広い着物です。オーソドックスなヘアスタイルも似合いますが、女性らしい柔らかい感じのヘアスタイルにしてもステキです。留袖の色や雰囲気に合わせたヘアアレンジを楽しみましょう。

また、留袖に限らず着物を着ているときの注意点として、美しい立ち居振る舞いがあげられます。あまり着慣れていない着物を着るとつい姿勢が悪くなるものです。こうなるとギクシャクしてとてもカッコ悪い。
背筋をまっすぐに、胸を前に出し、お腹を引っ込める姿勢が着物姿のキレイなラインを作ります。普段からこうした姿勢を心がけ訓練することで、静かで優雅な立ち居振る舞いが自然と行なえるようになり、着物美人になれるのです。
黒留袖について
結婚式などで新郎新婦の親族が着ることの多い留袖。黒留袖について。
色留袖について
結婚式などで新郎新婦の親族が着ることの多い留袖。活用シーンの多い色留袖について。
結婚式 留袖
結婚式などで新郎新婦の親族が着ることの多い留袖について
留袖レンタル
留袖のレンタルについての紹介ページ。
留袖レンタルの方法
留袖のレンタル方法について。注意点など。
呉服屋で借りる
呉服屋さんで留袖を借りる方法。
呉服屋で購入する
呉服屋さんで留袖を購入する場合のメリット、注意点など。
貸衣装屋でレンタル
貸衣装店で留袖をレンタルする場合。
インターネットで留袖レンタル
インターネットを利用して留袖をレンタルする場合。
留袖の着付け
留袖の着付について。着付の依頼など。
留袖のしまい方・たたみ方
留袖の保管方法について。