結婚式 留袖のことなら

留袖とは・・・

留袖は既婚女性が着用する最も格の高い礼装と言われています。
着物の格においては第一礼装とされ、ドレスコードのイヴニングドレスに相当するものです。
黒地五つ紋の江戸褄(えどづま)模様の着物が一般的です。
本来は、長い振袖の丈を結婚後に詰めて短くしたもので、そのため留袖と言われているようです。

格の高い礼装のため結婚式などに既婚の親族の女性が身につけます。
留袖の中でも黒留袖、色留袖と分けることができ、それぞれ用途がある程度決まっていますので確認が必要です。
どちらの場合も裾には格調高い模様が染められています。

色留袖は着用場面が幅広いため、購入する方が多いようです。

留袖について記事一覧

黒留袖について

黒留袖は黒地で裾の方に模様があるのが特徴です。結婚式の場合は吉祥模様といっておめでたい模様が用いられています。例えば、鶴、鳳凰、束ね熨斗、扇面、鴛鴦、亀甲、七宝、貝桶などです。また、雅な平安王朝風の模様、正倉院風の紋様などが用いられることもあります。若い方向けに可愛らしい感じものもあり、総絵羽模様に...

≫続きを読む

色留袖について

黒留袖と違い、未婚の女性でも着ることができるのが色留袖です。また黒留袖ほど格式張っておらず、紋の数などが着用の用途によって変わります。近年では披露宴でよく見かけるようになりました。黒留袖に準ずるものとした礼装の扱い位となるようです。色留袖は正装となるお祝い用の着物であり、親族や披露宴の主賓が着る留袖...

≫続きを読む

結婚式 留袖

一般的に新郎新婦の母親や仲人さんが黒留袖を着ることが多いでしょう。しかし、新郎新婦の親のみと限られているわけではありません。最近では、新郎新婦の母親でも黒留袖を着ないケースも多く見られます。新郎新婦の親族の既婚女性が黒留袖を着るのはマナーとして問題ありません。もちろん、色留袖もOK。式場が華やかな雰...

≫続きを読む

留袖レンタル

結婚式に留袖を着ていこうと決めた後は、購入かレンタルかの選択を迫られます。普段から着物を着る機会が多い人、着慣れている人であれば、後々のことを考えたら購入した方が活用できそうです。しかし、結婚式くらいにしか着る機会がないのあれば、わざわざ買うのはかえって高くつくため、レンタルで十分といえるでしょう。...

≫続きを読む

留袖レンタルの方法

留袖をレンタルするにはレンタル衣装のお店に直接出向いて申し込む方法と、インターネットや電話など通信でレンタルする方法があります。直接お店に出向いて申し込む場合の利点は、納得できるまで試着をしてから決められることです。色やデザインが気に入っても、いざ着てみたら「思っていたのと違う」という場合もあるので...

≫続きを読む

呉服屋で借りる

呉服屋さんは着物を買うだけの場所と思っていませんか?意外なことに、呉服屋さんで着物をレンタルすることもできるのです。呉服屋さんは着物を専門に扱っているだけあって、通常の貸衣装屋さんよりも留袖の品揃えが豊富、というのが最大の利点でしょう。また呉服屋の店員さんは着物に関するプロなので、詳しくない人にも丁...

≫続きを読む

呉服屋で購入する

結婚式に着る留袖、レンタルではなく買ってしまおうと思う方もいるでしょう。例えば着付けを習っていると持っていたほうが何かと便利だし、結婚式以外にも留袖を着ておでかけするなど活用できます。最近はリサイクルショップ、古着屋、ネット・オークションや通販など手ごろな価格で着物を購入できるようになりました。しか...

≫続きを読む

貸衣装屋でレンタル

結婚式やパーティなどハレの日に着物を着たいけれど、揃えたりお手入れの手間を考えると大変そう、と躊躇してしまいがち。そんな人にぴったりなのがレンタル衣装です。留袖をレンタルするのにもっとも一般的なのは、近所の貸衣装屋さんを利用する方法でしょう。いろいろな衣装を試着しながら選べるので失敗がありません。お...

≫続きを読む

インターネットで留袖レンタル

インターネット通販が主流になって久しいですが、貸衣装もインターネットでレンタルができる世の中になりました。洋服は通販で購入して気に入らなければ返品できるけれど、レンタルの場合、商品が到着するのは通常利用日の2〜3日前です。到着していざ着てみたら「何だか違う...」という可能性もなきにしもあらず。しか...

≫続きを読む

留袖の着付け

留袖を着るときにもっとも気になるのが着付けでしょう。一昔前まで、着物は日本人の日常生活に根付いた衣服であり、わざわざ着付けの方法を学ばずとも、自然に身についたものでした。ところが生活様式が欧米化するにつれて着物は日常生活から遠い存在になっていき、「着物を着るのは手間がかかり、着付けが難しい」という意...

≫続きを読む

留袖のしまい方・たたみ方

留袖はたたんでしまいます。着物や帯の種類によっても適したたた1日以内に留めます。着物を吊るしたら、大きな汚れや染みがないかどうかをチェックします。また暑い日などは汗染みがついてしまうこともあるでしょう。汗で着物が湿っていたら脱いですぐにドライヤーの温風で乾かします。そのままにしておくと変色してしまい...

≫続きを読む

留袖を着ている時の注意点

結婚式や披露宴のようなフォーマルな場に留袖を着て参加するのならば、格のある着物で参加するのが望ましいです。例えば鳳凰、菊、扇面、貝桶、などの吉祥模様や、雅な平安王朝風の継髪模様、重厚な正倉院風文様など、おめでたい模様が施された留袖や帯を選びたいものです。黒の留袖は既婚者限定なので、必然的に年配の女性...

≫続きを読む